当クリニックの5つの特徴

呼吸器内科

ぜんそく、かぜ、インフルエンザ、新型コロナウィルス感染症、睡眠時無呼吸症候群に対するCPAP療法、慢性呼吸不全に対する在宅酸素療法(HOT)や非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)、合併症の多いCOPDの診療、重症スギ花粉症・難治性喘息に対する抗体医薬(抗IgE抗体)治療、合併症のある睡眠時無呼吸症候群の診療、禁煙治療、健康診断での胸部レントゲン異常所見の2次検査も行っており、呼吸器学会専門医が常駐しているクリニックならではの診療に力を入れています。特に、長引く咳に悩まされている方は、ぜひ当院にご相談ください。他にも、神経難病など在宅人工呼吸療法を受けられている方の訪問診療も行っております。

生活習慣病治療

生活習慣病治療においては、薬とともに適切な運動・食事療法が重要です。しかし、多くの医療現場では簡単な指導が行われるのみで、その具体的な方法が提示されることはほとんどありません。 当院では、厚労省指定運動施設を併設し、運動負荷心肺機能検査を用いた運動処方、運動習慣の確立、外来でのフィードバックを通じ、健康づくりのお手伝いをいたします。

在宅医療

かつて、10年連続で人口増加率日本一を経験したわが三田市は、県内で高齢化率が最も低いまちでした。急激な人口増加の結果急速に高齢化し、2025年以降は県と国の高齢化率を越えます。当院では、最期に最高の親孝行(ケア)と、子に究極の教育(魂の発達)ができるように、生き切るための訪問医療を行っています。

詳しくはこちら

発熱診療

「熱」というありふれた生理現象を体験した時その多くは“かぜ”ですが、全てが“かぜ”ではありません。当院では、赤ちゃんからご高齢の方まで積極的に有熱者を診療しています。

発熱とは

発達相談

昨今は多様性の時代といいますが、就学時にはまだまだ各教示に従う反応を求められ、真に個性が豊かになる教育環境の実現には時間がかかりそうです。こどもの気になる様子は、幼児期に対処した方が軽減に向かいやすいです。当院では、児童福祉法に基づく児童発達支援センターを併設し多職種で早期行動介入を行います。

 

 

令和6年診療報酬改定に伴う加算変更のお知らせ

ご自宅での診療をご希望される方は、まんかいホームクリニックをご利用ください。
 

 

誰もがひたむきに生き切ることが出来る未来を目指して

内科・小児科

一般的な内科・小児科の病気の診療を行います

形成外科・皮膚科

形成外科・皮膚科の方は専用サイトを御覧ください

生活習慣病外来

深刻化する生活習慣病の診療をはじめ、
内科版ダイエットも実施

フレイル・
サルコペニア外来

超短時間のリハビリなど、
療法士と医師による医療面のサポートあり

共に旅をしましょう
環境と遺伝子のあいだを

われわれは皆、DNAに病気の「なりやすさ」を刻まれて生まれてきます。
しかしながら、DNAだけが運命ではありません。
運命を決めるのはライフスタイルです。
かといって、DNAに全く縛られない人生はありえません。
からだは究極の複雑系です。
一方で、医学とは「不確実性」と「もっともらしさ」の科学。
ライフスタイルを以って、からだの複雑さを整え、
もっともらしく医学の不確実性に挑んで行きましょう。